Newsニュース

  • 2024.06.27
  • #お知らせ

6月22日(土)「イオンモール岡崎」交流イベントレポート

6月22日(土)に新ホームタウン・岡崎市の「イオンモール岡崎」で開催したイベントに、岡崎市・中根康浩市長とともに、ジェイテクトSTINGSからは都築 仁選手・岩本 大吾選手・藤原 直也選手とスティンビーが参加。
約300人にご観覧いただく中、様々な企画を通して交流を行いました。

始めに行われたトークショーでは、中根市長より「STINGSが岡崎市に来てくれてうれしい。パリ五輪後に開幕するSV.LEAGUEの舞台が、ここ岡崎というのはすごい!みんなで優勝目指して頑張りましょう!」と激励の言葉をいただくと、会場からも「(STINGSに期待することは)優勝!」と期待の声があがりました。
一方、岡崎市の印象を聞かれた都築選手は、「昨シーズンも岡崎のホームゲームはすごく盛り上げていただいた。今シーズンは僕らが勝ちを届けて、皆さんに応援していただき、相乗効果で会場を盛り上げたい」と意気込みを語りました。

続いて行われた「バレー選手の『高さ』を体験・体感しよう」コーナーは、一般参加者の方が垂直跳びでジャンプ記録に挑戦。
バレーボールをやっているという小学生は目標の190㎝を大きく超えて、214㎝記録!
将来の夢は「バレーボール選手」と話すと、3選手からも大きな拍手と笑顔がこぼれました。
さらに、おとなの部の参加者の方はなんと300㎝を記録し、これには思わず岩本選手から「この後は(デモンストレーションを)やりづらい・・」と漏れるほど、選手たちも驚愕するポテンシャルが披露されました。

その後の選手によるデモンストレーションでは、1本目の記録(312㎝)に納得のいかない岩本選手が、「応援が足りない」とエールを求めると会場からは手拍子があがり、2本目のジャンプでは330㎝をマーク!
続いて登場した都築選手も会場の手拍子を求めると、2本目で岩本選手を超える340cm(※助走あり)をマークし、都築選手の勝利となりました!

最後に、3選手が3グループに分かれてウォーキングイベントを実施。
先着100名の希望者の方と館内を歩きながら、イオンモール岡崎にご来館されている方々にもグリーティングを行いました。

イベントを終えて、「たくさんの人に集まっていただき自分たちも楽しかった。ホームが岡崎市になるということで、1試合でも多く会場に足を運んで応援していただけるとうれしい」と藤原選手。
岩本選手は「オフシーズン、ファンの皆さんと会えない期間にこうして集まっていただいて、元気をもらえた」と話しました。
都築選手は、「多くの方に集まっていただき、少しでもジェイテクトSTINGSのことを知っていただけたならうれしい。これからもいろいろなイベントがありますし、岡崎でのホームゲームも多くあるので、引き続き応援をよろしくお願いします」とファンの皆さんへのメッセージを送っていました。

ジェイテクトSTINGSはこれからも、新ホームタウン・岡崎市での地域イベントを積極的に実施していく予定です。
引き続きご声援をよろしくお願いいたします!